バストアップ&バストケア+バストアップ情報♪
人気のバストアップサプリ、ジェルやバストケア商品をクチコミ&ランキングから紹介♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バストアップと女性ホルモン

バストアップ には、さまざまな要因があります。


バストが小さいのは遺伝的なものや年齢のせいと諦めてしまっている人も多いと言いますが、これって本当にそうなのでしょうか?


バストの小さな原因は、生理学的にきちんとした根拠があると言われています。


その原因と言われているのが女性ホルモンなんです。


バストの未発達は女性の身体を形成するために分泌されるこのホルモンの分泌量が不足していたり、バランスが悪いことに起因することが多いと現在は考えられているのです。


女性ホルモンはおもに思春期から成人期になるまでに分泌され、その量が多ければ多いほど乳腺の発達をうながし、発達した乳腺には脂肪がつきやすく、
その結果バストも大きくなっていくのです。


女性ホルモンの分泌に関しては様々な要因があると言われています。


例えば激しい運動や精神的なストレスや急激なダイエットなど、過剰なエネルギーの消費をしたりするとホルモンの分泌にも影響をあたえて、バランスが崩れたり分泌量が少なくなってバストの発育を妨げたりするとも言われています。


ムリなダイエットをしていたらバストが痩せてしまった。なんて人も結構いたりしますよね。


女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは脳の一部。間脳にある視床下部です。
この視床下部は情報の中継点であり、 自律神経系、内分泌系のコントロールに重要であり、身体のホメオスターシスの調節にも関与しています。 


ホメオスターシスとは
バストに関して簡単に言うと、女性ホルモン量を正常の状態に戻そうとする身体の働きのことです。


人は身体を環境に適応させ、安定させるための「ホメオスターシス(生体恒常性)」という自然に備わった機能を持っています。


とてもデリケートな機能でストレスや不安などに影響を受けやすく、内分泌系にも深い関係を持っているため、ここが上手く働かないと当然ホルモンの分泌にも影響をあたえてしまいバスト発育の妨げにもなるのです。


つまりストレスを溜めることはバストに悪い影響を及ぼしてしまうんです。


ちょっと横道にそれますけど、このホメオスターシス。実はダイエットにも綿密な関係があるんです。
例えば、せっかく痩せたのにリバウンドしてしまった。これ、急に落ちた体重を正常に戻そうとして起こる現象なんです。


話をもどします(;^ω^)
バストを形成する組織の中心で女性ホルモンの影響を強く受ける乳腺。
女性ホルモンの分泌をバランスよく促進することによって
年齢や遺伝だからとあきらめているバストに悩みをもつ人も


バストのサイズアップや女性らしいキレイなスタイルを作りだすことが可能なのです。

logo02.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bustupcolorful.blog119.fc2.com/tb.php/42-07a8f024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。