バストアップ&バストケア+バストアップ情報♪
人気のバストアップサプリ、ジェルやバストケア商品をクチコミ&ランキングから紹介♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バストアップの有効成分⑦
チェストツリー(チェストベリー)


チェストベリーは、ヨーロッパ南部から中央アジア原産のクマツヅラ科の落葉低木。


 和名はセイヨウニンジンボク。芳香を放つライラック色の花が咲き、種子は辛味のあるレモンの香りで調味料としても使われています。観賞用にも栽培されますが果実の成分が発熱・頭痛を抑え利尿剤としても有効です。特に女性ホルモンの機能を整える作用に優れていることで知られているハーブです。


歴史は古く、ヨーロッパでは2000年以上前から、生理痛・生理不順・女性特有のトラブル改善のために用いられてきました。


今では臨床実験により月経前症候群(PMS)や子宮筋腫母乳不足、不妊などの治療に役立つことがわかっています。


ドイツでは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促す効果があるということで
生理時の不快感や乳房の張りの治療薬として公認されています。


チェストツリーには、女性特有の症状に関係する女性ホルモンのひとつ、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きがあると認められています。
この働きが、生理前や生理中の不快な症状を楽にしてくれます。


また、プロゲストロンがきちんと分泌されることによって、プロゲステロンと拮抗している女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きもきちんと行われます。


ホルモンバランスが崩れると、体調不良になったり、わけもなく憂鬱になったりすることがありますが、チェストツリーは、そんな女性の心と体の安定も保ってくれるのです。
これをアダプトゲン作用と呼びます。(環境適用能力を高め、生体の恒常性を自動的にコンスタントに維持する働き )


黄体ホルモンが出すぎて生理前ににきびが出る人は、チェストベリーでにきびが軽快するとも言われています。
また黄体ホルモンを調節するということで不妊治療にもよく使われます。


女性ホルモンの分泌を調整するチェイストベリーは、新陳代謝を活発にしたり、骨粗鬆症を予防するとも言われています。


バストアップにも効果があるとされ、サプリメントをはじめ、バストアップグッズの成分にも含まれており、注目を浴びています。


ホルモンバランスを整えて健やかなバストアップを目指すには
エストロゲン(プエラリアなど)だけでなく、プロゲステロンも同じように調節する必要があるでしょう。


長期間の持続的使用でも安全性は確認されています。
ただし、妊娠・授乳中は使用は避けるようにしましょう。

またドーパミン刺激性に働くので、関係のある薬を飲んでいる人はチェストベリーの使用は控えましょう。


logo02.jpg
スポンサーサイト

テーマ:バストアップ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bustupcolorful.blog119.fc2.com/tb.php/62-e0e869f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。